元放送記者が現場の声を県政に届けます

元FNN東日本大震災東松島臨時支局長
元仙台放送県政キャップ・報道デスク

2011年の東日本大震災を機にFNN臨時支局長として沿岸被災地に駐在しました。被災者の皆さんに寄り添いながら生活再建への道のりを日々取材し、復興への課題解決につながるよう情報発信に取り組みました。仙台放送報道部・県政キャップとしては村井知事のリーダーシップを目の当たりにする機会に恵まれましたが、ここ数年は知事が目指す方向性に違和感を感じています。また監視役であるはずの議会が知事応援団のようになっている現状にも疑問を抱いてきました。